包茎手術を受ける理由@群馬県民TOP

包茎を嫌がる女性の心理

+++---+++

昔からいつかは治したいと思っていました。仮性包茎なんか気にしなくていいという人がいますが、気になるならないは個人差だと思います。ハゲや腹が出ているのだって、気になる人はなるし、ならない人はならない。それと同じようなものだと思います。 確かに、包茎の場合は普段服を着ていれば外から見てわかるものではないので、人によっては気にもならないと思います。でも、逆に普段は見せない分、他人のモノを確認したり、比較したりができません。だから、そのせいで悩みが深まるということもあると思うのです。実際、僕のモノと他人のモノを比較できるのは女性の方だけで、誰のと比べているのかわかりません。恐ろしい話です。


僕の場合、起っても皮が余り気味で、自分でも見た目がいいとは思っていませんでした。しかし、そのせいで、いつも「口にくわえてくれ」と頼むといやがられて、代わりに手で乱暴に握られてイカされていたのは本当に屈辱的でした。僕は悔しくて、その度に「いつか絶対に剥けた状態になって、口にくわえさせてやるからな」と心に誓っていました。 女なんて、見た目は気にしないなんて言っておきながら絶対に気にしています。最初は「一目惚れです」とか何とか言って僕に近づいて来ますが、脱いだらああいう扱いです。包茎を治して、目に物見せてやろうと真剣に思いました。

群馬県民の心の山、赤城山

+++---+++

群馬と言ったら、やっぱり赤城山でしょう。日本百名山にも日本百景にも選ばれています。しかし、よく県外から来た観光客に「どれが赤城山ですか?」などと聞かれます。その度に、「赤城山という峰があるわけではなく、カルデラ湖を囲む黒檜山、駒ヶ岳、地蔵岳、長七郎山、鍋割山、荒山、鈴ヶ岳、など、複数の山々を併せて呼ぶときの呼び名なんですよ」と教えてあげています。まさか群馬県民で赤城山が1つの山の名前だと思っている人はいませんよね。群馬県民の心の山、赤城山は有名なようでいて、実はあまりよく知られていないのだなと残念に思います。 登山ルートがたくさんあるというのが赤城山の特徴だと思います。どれも比較的安全でわかりやすいので、登山初心者が登るのにも、トレーニングとして登るのにも向いていると思います。ハイキング向きと言ってもよいようなルートもあるので、僕はそのようなルートを使って、四季の花々や高山植物、ヒメギフチョウなど珍しい動植物の写真を撮りに行っています。


周辺にたくさんの釣り堀があるというのも赤城山の特徴かもしれません。特に長七郎山や荒山の南側にたくさん集まっています。ファミリー向けのエサ釣り場から本格的なルアーフィッシング場まで、さまざまな種類の釣り堀があります。赤城山は、遠くから眺めるだけではなく、いろいろな体験を通してそのよさを知ってもらいたい場所ですね。

包茎手術を受ける決意

+++---+++

僕は、僕のモノをバカにした女を見返すために、包茎を治そうと思いました。「女が口にくわえたがるようなモノにしてやる」と思ったのです。こう言ったら友人が「おまえって、思っていた以上に変態だな」と言いましたが、そんなことは関係ありません。僕は、お金をかけてでも自分の納得がいくモノにしたいと思ったのです。


初めは、すぐにでも近くの泌尿器科で手術を受けようと思いました。しかし、保険が効くのは真性包茎やかんとん包茎だけで、仮性包茎は自費だということがわかったので、どんな出来映えにされるかわからないような近所の泌尿器科で受けることはやめようと思うようになりました。近くの泌尿器科で受けて、性感帯を切られたとか、見た目がひどい状態になったとか書いてあるのをネットで見たので、やっぱりここは包茎専門の医者だなと思ったのです。


でも、包茎専門の医者もレベルがいろいろあるみたいで、場所によっては練習台にされかねないということがわかりました。なので、ここはやっぱり確実な腕を持った医者がきちんと責任持って手術してくれるところに頼んだ方がいいだろうと思いました。それで、東京まで行くことにしたのです。東京の医者の方が絶対にたくさん手術をしているはずだからです。 結局、東京駅の八重洲口のところにある「本田ヒルズタワークリニック」というところでやってもらう事にしました。そこの院長が日本で一番たくさん包茎治療をしていると聞いたし、カウンセリングも手術も院長がやってくれるという話だったからです。 カウンセリングの予約を取って東京まで行ってみたら、本当に東京駅からすぐのところでした。カウンセリングも治療も本当に院長が出てきてやってくれました。男の前でズボンやパンツを下ろすというのは初めてだったので、本当に変な気分でした。長さを測ったりするのにわざと起たせるのかと思っていましたが、起たせたりしなくてもできあがりの状態はわかると言われました。それなのに、思いっきり起ってきて「まあ、この方がわかりやすいですね」と院長に言わせてしまったので、恥ずかったです。


本田院長は、他で失敗した包茎手術の修正もできるようなすごい腕を持っている人らしく、弟子もたくさんいるそうです。僕の手術もあっという間に終わらせてくれました。性感帯はもちろん残してくれてあるし、見た目もバッチリ良くなりました。今の彼女には口でやってもらえているし、言うことありません。やっぱり東京まで行ってやってきて良かったと思います。

本田ヒルズ 東京駅前院について

+++---+++

本田ヒルズ 東京駅前院

総院長:本田昌毅
住所: 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-10 今井ビル4階A号室
電話: 0120-84-0836
「東京駅八重洲北口」徒歩2分。
カラオケBIGECHO向かい。


仮性包茎治療はこちらから